券売機・食券販売機の販売、購入、リース、レンタルを検討中の方におすすめの業者を厳選して徹底比較

導入前に確認しておこう!券売機業者のアフターメンテナンスの内容

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/31


券売機を導入すれば人件費の削減・衛生面・各種データの収集等多くのメリットがあります。券売機も機械ですので、調子が悪くなる事もありますし、不測の事態で壊れる事も考えられます。そういった場合のアフターフォローがどうなっているのかは必ず確認しておかないといけません。

特に重要なのはメンテナンス

券売機のアフターフォローで特に外せないポイントはメンテナンスです。券売機は営業時間中ずっと稼働し、多くの使用者がその前に立つ事になります。

使用者全員が丁寧な扱いをしてくれたら良いですが、ジュースを零したり、ベタつく汚れが付いていたり、クシャクシャのお金を使われる事もあります。他にも内部の油や配線の劣化等も長く使えば自然発生しますし、放置した場合は動作不良も起こします。場合によっては導入したてで原因不明の停止をしてしまう様な事もあります。

そんな時にアフターフォローとしてメンテナンスがあるか否かは、とても大きいです。最低でも定期メンテナンス要員派遣の有無と、調子が悪くなった場合のサポート電話ダイヤル等があるかは必ず確認する様にして下さい。品質保証期間中のメンテナンスが無償か有償かも、外せないポイントになります。

更にメーカー修理に簡単に持って行ける体制や、新機種が出た場合には旧機種と交換出来る様な優遇制度もあるなら理想的です。会社によっては、自己メンテナンスでかなり対応出来る券売機を出している所もあります。機械の性質上、故障が起きやすい部分がある程度限定されてきます。場合によっては部品自体が壊れておりメーカー修理が必要な事もありますが、要点さえ知っていれば一般人でも対処出来る問題も少なくありません。

かなり分かりやすい説明書やサイト情報が付いている事も多いです。自分でも積極的に手入れをする余裕があるという場合には、アフターフォローの確認時に自己メンテナンスの余地がどの程度あるのかを確認するのも1つです。

中古券売機を購入する場合には注意が必要

予算の関係で中古券売機の購入を考えるケースもありますが、その場合はメーカー保証が何処まで残っているのかを必ず確認する様にして下さい。他にも最新型から数えてどの程度古いのかも外せないポイントです。

機械は日々進化していますので、古い機械のアフターフォローやサポートは全て終了になっている様なケースも珍しくありません。部品自体が壊れていて、交換が必要なケースでも、古い場合はメーカーに部品の在庫が無い事も多いです。

中古製品はサポート外という事で最初から明言しているメーカーもあります。トラブル対策としては中古品を購入するのでしたら、メーカー自体が中古品を販売している場合はメーカーから購入する様にして下さい。メーカー販売の物である場合は、多くの場合サポートが残っている事が多いです。最新型よりも保証期間は短くなりますが、対象外にされるよりはずっと安定します。

他にも中古品販売会社によっては、独自でメンテナンスをしてくれるサービスが付いているケースもあります。メーカーの部品在庫に左右されるという点では一般的に中古品を購入した時と同じですが、プロの技術者が故障の面倒をみてくれるという意味では相応のメリットが見込めます。

中には居抜き物件に残っていた中古品を再利用したいという様な場合でも、相談対応してくれる中古品会社もありますので見逃す手はありません。メーカー以外から中古券売機を入手する時にはしっかり確認する事をお勧めします。

アフターフォローを考えるとレンタルも1つの手

設置や撤去、メンテナンスの事まで考えた場合は券売機のレンタルを考えるのも1つの手です。券売機の各種設定から取扱い説明、具体的な手順トレーニングを行ってもらえる上、メンテナンスに付いてもレンタル代に含まれている事も珍しくありません。

券売機が古くなった場合には、新しい物にレンタルし直して再度トレーニングと説明を受ければ良いだけになります。故障や破損に関する対応はそれぞれの会社によって違いますが、大抵の場合即応体制が整っています。それこそ場合によっては、管理に掛かるコストを考えると、購入するよりもレンタルの方がメリットは大きい事もあります。

トレーニングの時間も大体1日程度になりますし、レンタル期間については1日~6ヵ月というケースが多いです。勿論どんな所にでも設置出来るわけではなく、一定の制限は出て来ます。詳細については会社毎の判断にもよりますが、レンタルという性質上、屋外で雨等に晒され壊れやすくなる様な場所や、盗難の危険がある様な所に設置するのは難しいです。ただ、特殊な事情が無い通常の屋内店舗でしたら大抵の場合問題無く設置出来ますので、考えてみるだけのメリットがあります。

購入すると高くなる高額紙幣対応機や音声案内機能付きの券売機も、レンタルでしたら手軽な値段で使う事が出来ますし、増えて行くキャッシュレス対応の機種を導入したいという様な場合でも、レンタルでしたら余り手間が掛かりません。目的や予算にもよりますが、お勧め出来る選択肢と言えます。

 

アフターフォローで重要なのはメンテナンスです。確実な保守点検サービスがある様な所で購入してトラブルに備えておいた方が安定します。自己メンテナンス出来る余地が大きい事が確認出来ると理想的です。

中古品購入の場合も、可能な限り保証が残っている様な所で購入する様にして下さい。ただ、管理や予算の面でコストを削減したい場合にはレンタルの券売機を使うのも1つです。長所短所を考えて慎重に選択する事をお勧めします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧