券売機・食券販売機の販売、購入、リース、レンタルを検討中の方におすすめの業者を厳選して徹底比較

ポイントカード対応券売機で集客アップに繋げよう

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/08/30

レストランなどの飲食店には券売機を導入しているところが多く、好きなメニューを選択することができます。

近年券売機にはいろいろな機能が搭載されていて、飲食店に必要な商品の写真を表示することができるPOPなどを利用することが可能です。

ポイントカードや電子マネーなどに対応したものもあり、必要な機能が揃えられています。

効率良くスタッフを配置することが可能

いろいろな飲食店が券売機を導入していて、有名チェーン店や会社の社員食堂でも利用しているところがあります。

券売機にはいろいろなメリットがあり、例えば効率良くスタッフを配置することが可能です。飲食店の課題は人手不足で、会計に一人スタッフが取られてしまうと痛手になることがあります。そのような時会計を機械に任せてしまうと便利です。

オーダーミスを減らすことができ、手書き伝票の書き間違いやオーダーの聞き間違いなどを予防することが可能です。料理を作ってしまうと食材のロスにも繋がるので、機械を利用すると注文ミスを防ぐことができます。釣銭を間違えることがなく、オーダーミスと同じように人が会計を行うと、釣銭を間違えるケースもあります。忙しい時間帯などになると気持ちが焦ってしまうので、ミスを犯しやすくなるでしょう。

機械を利用すると忙しい時間帯でも焦ることがなく、釣銭を間違えることがありません。機械の中で金銭管理を行っているので、盗難被害を防止することが可能です。売上管理をきちんと行うことができ、機械には売り上げを記録できる種類のものが多く日々の売上や月間の売上、時間帯別の売上に関して細かくデータを管理することができます。

いろいろなポイントカードに対応できる種類もあるので、集客率をアップするのに便利です。人件費を削減することができたり、業務効率化に貢献することができます。

近年タッチパネル式も増えている

券売機を導入する目的は食券を販売することで、これはすべての機械に共通する機能です。食券を販売するだけを目的にする場合、安い機械でも十分機能を果たすことができます。いろいろな機能が搭載されている種類もあり、低額紙幣対応や全札対応に区分することが可能です。低額紙幣対応は1,000円札だけ利用できる種類で、全札対応はすべての種類の紙幣に対応したものです。

ボタン式やタッチパネル式があり、以前はボタン式が主流でしたが近年ハイテク化していてタッチパネル式も増えています。メニュー数が決まっていたり、内容をあまり変更しないならボタン式でも大丈夫でしょう。タッチパネル式は大きな画面になっているので画像を表示することができ、いろいろな商品を見て選択することが可能です。

細かな設定に関して画面切り替えすることで表示することができ、クライアントから見た時に分かりやすい特徴があります。中には外国語に対応していたり、時間帯によって画面を自動変更することができる機能もあるので便利です。いろいろな電子マネーに対応することができ、ポイントカードに対応することができます。

店舗が駅から近い場合、交通系ICカードなどが使用できるようにすると利用する人が多かったり、開業するエリアの特徴によっていろいろなポイントカードなどの電子マネー機能を検討すると良いでしょう。

会計業務をスムーズに行いたい人におすすめの機械

券売機でいろいろなポイントカードを利用することができます。リライトカード対応タイプの場合、上書き可能で繰り返し利用することが可能です。プリペイド式カードのように返金トラブルや新しいカードなどを用意しなくても大丈夫です。いろいろな機能が搭載されていて、社員食堂の場合は何%割引や便利な給料天引き機能などを利用することができます。

機能を工夫することができ、入会を促す初期ポイント追加やポイント達成機能、中にはカードIDナンバーのもとにした懸賞機能なども利用することが可能です。もっとクライアントを増やしたかったり、会計業務をスムーズに行いたい人におすすめの機械です。

券売機を導入すると売り上げ管理を楽にすることができ、飲食店での売り上げ管理ミスを少なくすることができます。専用機械を使うことで釣銭ミスや不正などをなくすことができ、売上集計や金銭確認の作業も確認することができるので正確な売上管理を行うことが可能です。

リピーターアップのためにQRカードやポイントカードを利用している飲食店は多く、いろいろなタイプの機械があるので好きなアイテムを選択することができます。写真POP付きのものもあり売り上げをアップすることが可能です。従来の券売機のようなテキストと値段だけを掲載するタイプではなく、飲食店のメニューの写真をPOPとして使用することができます。

 

飲食店では券売機を導入しているところが多く、ポイントカードや電子マネーに対応したものがあります。効率良くスタッフを配置することができ、近年タッチパネル式が増えているので便利です。会計業務をスムーズにすることができたり、集客数をアップすることができるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧