券売機・食券販売機の販売、購入、リース、レンタルを検討中の方におすすめの業者を厳選して徹底比較

リースなら初期費用を抑えられる!リースで導入する際の流れを解説!

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/09

飲食店などで、券売機の導入を検討しているところもあるのではないでしょうか。飲食業界などは人手不足が深刻と言われていますが、券売機を導入すれば会計に必要な人員を減らすことができます。

しかし初期投資にかかる費用が心配なので、お店に導入するのを躊躇っている人もいるでしょう。そういった時に便利なのが、リースになります。

券売機を導入するメリットとは?

券売機を導入するメリットには、何といっても人件費を削減できることが挙げられます。お金に関することは全て機械が行ってくれるので、お店のスタッフは調理をしたり料理を配膳するなど別の作業に集中することができます。

また、客が自分で注文するシステムなので、注文を間違えるといったミスも大幅に減らせます。注文間違いはお客様を怒らせる要因になりますし、それが原因でトラブルに発展することもあります。

お客様のお店に対する印象が悪くなり、次に利用してもらえなくなってしまうかもしれません。券売機であればそういったミスがなくなりますし、効率的に会計も行えるので便利です。

お会計時にも、つり銭を間違えるといったミスが起こらなくなります。ランチタイムやディナータイムなどの忙しい時間帯は、どうしてもミスが起こりがちです。特に人手が足りない場合には、次から次に仕事をこなさなければならないのでチェックを怠ってしまうことも多くミスにつながります。

それから券売機を導入することで、金銭管理を自動的にしてくれるというメリットもあります。強盗に入られた場合にはレジだとすぐに現金を盗まれてしまいますが、機械の中に現金があれば壊してまで持って行くのは非常に大変です。そのためセキュリティ面でも恩恵があります。売り上げを記録できる機種もあるので、売上管理にも役立ちます。

機能が豊富なので必要なものを選ぶ

券売機を扱っている業者は色々あります。リース契約とは、業者がユーザーとの契約に基づいて商品を購入してユーザーに貸し出す契約のことをいいます。基本的には長期間利用することを想定しています。券売機のリースをする際には、直接業者に話を聞いたり資料を取り寄せたりして自分のお店に合うところを選ぶようにしましょう。

購入すると高額ですが、リースであれば初期費用を抑えることができます。購入を考えている場合には、しばらくレンタルやリースを利用してどの程度作業が効率化できるのかを実感してから購入するのもいいかもしれません。購入する場合には数十万円から数百万円単位の費用が発生します。

リースの場合には、月々1万円程度の出費ですみます。選択するメーカーや機種によって機能は異なりますし、かかる費用にも差があります。毎月のコストが一定なので、経費が把握しやすいというのも特徴です。

一口に券売機と言っても色々な機種があります。例えば、タッチパネル方式は表示が分かりやすく、掃除もしやすいのがメリットです。英語など外国語にも対応しているものもありますし、メニュー変更を簡単に行えるものもあります。

ランチメニューとディナーメニューが自動で切り替えられるものもあり、飲食店に最適です。こういった機能の中から、自分のお店にとって必要な機能を選別することから始めます。

設置してからアフターフォローも重要

自分のお店に導入したい券売機が決まったら、業者とリース契約を結びます。それから実際に機械が納入されて設置されるのを待つことになります。納入が完了して終わりというわけではなく、設置した後のサポートも非常に重要になってきます。飲食店では季節ごとにメニューを変更することも多いのではないでしょうか。

キャンペーン等で限定メニューを販売することもあります。メニューの変更についてよく分からないといった時もサポートしてもらえます。

また、機械なので定期的なメンテナンスを行う必要もあります。普段から券売機に頼っていると、いざ故障してしまうとお店が回らなくなってしまうこともあります。故障する確率はさほど高くはありませんが、機械なので絶対故障しないというわけではありません。

日頃から定期的にメンテナンスを行うことで、そういった事態を防ぐことにつながります。もし、故障してしまった場合には、業者に連絡をすればすぐに修理をしてくれます。軽いトラブルであれば、電話などで問い合わせるだけで解決できることもあります。

券売機の業者を選ぶ際には、サポート体制やアフターフォローが充実しているところを選ぶのがおすすめです。忙しい時に故障してしまうと非常に困るので、スムーズに解決することが重要です。

万が一の場合に備えて、故障した事態をシミュレーションしておくとトラブルに対応しやすくなります。

 

券売機は、会計にかかる作業を減らして人件費をカットするのに役立ちます。導入するには初期費用がかかりますが、リースであれば初期費用を抑えることができます。券売機には様々な機能があるので、自分の目的に合った機種を選ぶようにしましょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧