券売機・食券販売機の販売、購入、リース、レンタルを検討中の方におすすめの業者を厳選して徹底比較

メーカーごとの券売機の特徴を知ろう!

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/07/28

店舗の業態やサービス内容によっては、券売機を設置することでオペレーションの効率化を図ることが可能です。「どれを選んだらいいのかわからない」とお悩みの場合、まずはメーカーごとの券売機の特徴をチェックして、必要な機能が搭載されているものを選ぶことをおすすめします。

メーカーの特徴を知ってサービスに最適な券売機を選ぼう

券売機は、限られた人数でもスムーズにお客さんの注文を受け、サービスを提供するための製品です。一口に券売機といってもメーカーごとにそれぞれ特徴があり、シンプルでコストを抑えたものから多機能で最新の技術を取り入れたものまでさまざまな機種があります

「複数店舗の営業をしている店舗でも、インターネットを使って自動的にメニューの更新ができる」「メニュー別の購入数を自動で集計できる」など、便利な機能のある製品も登場しています。単純に券を購入するだけではなく利便性の高いサービスを提供できるように、券売機は日々進化を続けています。基本的な機能に加えて時代に合った新しい機能を搭載するため、メーカーは知恵を絞り技術を磨いているのです。

近年は外国人観光客が増えていることから、飲食店などの店舗も多言語化が求められている現状があります。外国人観光客への対応として多言語に対応している券売機を設置すれば、安心感やわかりやすさにつながるでしょう。英語や中国語など多言語で表示できる機能や音声での案内機能があると、外国人観光客からの注文も受けやすくなります。

メニューの注文をスムーズに進めていくことができれば業務の効率化につながり、従業員の仕事の負担軽減につながります。店舗の回転率が上がり、利益を出すことにもつながるでしょう。今後は、現金以外の支払いが注目を集めることが予想されます。そのため、キャッシュレス化が進み、スマートフォンでの支払いもできるように対応する券売機が人気になる可能性があります。

新しい製品が次々と登場していく中で、今の時代に合った新しい設備に変えていくことが、店舗の売り上げアップにつながる可能性があるため、情報収集は必要です。

製品のリースやレンタルの選択肢もある

キャッシュレス化が進み、キャッシュレスに対応する新しい券売機を導入したい店舗や企業も多いでしょう。しかし新しい機能が搭載されている設備に変えていきたいときに、まとまったコストがかかる場合があるため、設備の購入の仕方をしっかりと考えていくことが必要になります。

新しい設備を取り入れる際には、今使っている設備をできるだけ長く使い続けて、新しい設備を購入するための資金が集まるまで待つケースが多いです。しかし、必要な設備をレンタルしたり、リースのサービスを利用したりすることで、定期的に新しい設備に変えていくことも可能です。

世の中がどんどん変わっていく中で、良き伝統を守りつつも新しいことを取り入れていくことは必要なため、新しい設備を取り入れていくためのサービスに注目です。レンタルやリースのサービスは初期費用を抑えつつ、サービス利用料金を支払うことで、設備を取り入れた後もサポートしてくれます。

設備を購入する場合、修理のサポートなどのアフターサービスに注目をして業者を選ぶことが必要ですし、レンタルやリースもサポート体制をチェックすることをおすすめします。調子が悪くなった場合でも、スタッフがすぐに駆け付けてくれると安心感を持てますし、専門知識を持つスタッフに相談をすることで、今の状況をきちんと知って、落ち着いて行動できます。

電話対応も丁寧な業者を見つける

券売機の購入やリースの業者を選ぶ際には、ちょっとした不具合が起きたとき電話やメールですぐに対応してもらえる業者を選びましょう。問題の解決方法をその場で解決方法を提示する、メンテナンスの日程を組んでくれるなどスピーディに動いてくれる業者を選ぶと、導入した後も困ることがありません。サポート対応が丁寧な業者を見つけられるように、口コミ情報もチェックしながら業者の情報を集めていくことが必要です。

また、使っていくうちに別のメーカーの製品に変えたくなった場合は、レンタルやリースのサービスを利用することで変更が可能です。複数のメーカーの製品を取り扱っている業者を見つけることで、安心して新しいものに変えることができます。購入する場合には中古商品を取り扱っている業者を選べばコストを抑えることができるでしょう。相談をした際に柔軟な対応ができる業者を見つけることも大事です。

 

外国人観光客が多い店舗の場合には多言語化に対応する券売機を使用すれば、音声でメニューの注文のサポートができますし、英語や中国語などの文字を表示して注文してもらえます。今後は、キャッシュレス化が進む可能性が高く、スマートフォンでの支払いができるなど、便利な機能が搭載されている設備に変えていくことも大切です。メーカーごとの製品の特徴を調べて新しい設備を取り入れ、店舗の業務効率化を目指しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧