券売機・食券販売機の販売、購入、リース、レンタルを検討中の方におすすめの業者を厳選して徹底比較

給料日前でも安心!給料天引きの食券機!

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/26

飲食店では作業効率を良くするために食券制にしているお店が増えていますが、一方で昔から食券制が導入されてきた場所として社員食堂があります。社員食堂では主に社員に対して食事を提供することを目的としていますが、料金の支払いをあとでまとめて給料から天引きするというサービスもあり、それらは福利厚生としても役に立つものです。

社員食堂を導入することのメリット

社員食堂を導入するメリットは、会社内に食事が出来る施設を作ることにより昼食にかかる時間を節約することができることで、これは会社側にとっても社員側にとっても良い効果をもたらします。

オフィス街では、昼食のニーズが高いために飲食店が多くありますが、それでも混み合うことも多く待たされることも多くあるものです。また近くに飲食店がないような場合には昼食を調達するために遠くまで出かけることにもなります。

飲食店で食事をする場合には移動するのに時間が掛かるもので、たいていの場合、昼間は混み合っているので待ち時間を嫌う、または費用面から昼食をコンビニや弁当などを購入してオフィスで食べるということもあります。

しかし、オフィスのデスクで食事をとるとスマホを見たりパソコンを見ながら食べてしまうことも多く、そのような食事のとり方は消化にも良くありません。 食事はちゃんとした場所で食べることが、効率よくエネルギーを補給する上で欠かせないものです。

この点で社員食堂を設けることは、食事をさせることに意味がありますし、違う部署とのコミュニケーションの場ともなります。また飲食店にしてもコンビニにしても出かける時間を節約することができるもので、昼休みの時間をより多く得るという意味でも意味があるものです。

それに自社の食堂であれば、弁当を持参しても、そこで食べることができますし、おかずだけ追加するといった事も出来るため、社員の食事の質を上げることができます。

食券制にすることのメリットとさまざまなサービス

社員食堂に限らず飲食店ではオーダーをとったり会計をすることに時間が掛かってしまいます。このような問題を解決するための方法が食券制です。食券制では、食券機と呼ばれる券売機を設置して、そこでメニューと値段が書かれた食券を販売し、それを提出することで目的のメニューを受け取れるという仕組みになります。

食券制とする理由はさまざまですが、メリットとしてはオーダーをとる必要がありませんし、会計も食券を買う時に済ませているので必要ありません。このような事から給仕すべき人や会計を行う人を削減することができるものです。

ただデメリットとしてはメニューが多い場合には返って非効率になりますし、基本的にはセルフで受け取る仕組みになるため、迅速に提供できるようにしなければなりません。工夫次第で改善することはできますが大規模になればなるほど効率が悪くなりがちです。また券売機のメンテナンス費用も必要ですから、それらを補うだけのメリットが必要になります。

ただ近年の食券制の場合には、単なる券売機を設置するだけでなくさまざまなサービスを導入しており、その一つが支払い方法です。基本的に食券機は現金というのが殆どですが、キャッシュレス決済に対応するものも増えているものですし、また社員証を読み取らすだけで情報を記録し、その場での支払いではなく後日に給与から天引きして支払うサービスもあります。

給料天引きで支払うことのメリット

社員食堂を導入し食券制とする場合に考えておきたいのが、給料天引きが可能な食券機です。食事を提供することは福利厚生としても意味があるものですが、税金面でもメリットがあります。

提供される食事のうち半分以上の代金を社員が負担したり、食事を提供する会社が1人あたり税抜きで月額3,500円以下の負担であった場合には給与課税の対象とはなりません。このため半分だけの負担であれば所得税とならないので、社員側も会社側も税金を気にしなくて済みます。

一方で、食券機で食券を現金で購入するのがこれまでの方法でしたが、近年は電子マネーなどを用いてキャッシュレス化が行われるようになっています。しかし、社員食堂の場合には既存の電子マネーを用いたような支払いではなく、独自のキャッシュレス化が可能です。

この場合には社員証など利用者を識別できるものを券売機に読み取らせることで、給与から天引きするというものになります。社員証を読み取り可能なICカードなどにする必要がありますが、勤怠管理と含めて導入することで、効率的に行うことができるものです。

給与から天引きされるメリットは、社員としては給料日前でも支払いを気にせずに昼食をとることができることで、金欠になりやすい給料日前でも安心して食事をすることができます。これは健康やモチベーションを維持するという点でも意味があることです。

 

福利厚生だけでなく社員の健康やモチベーションを維持するといった面でメリットのあるのが、社員食堂です。そのさいに食券機を導入した時には給与天引きが出来るものであれば、給与前でも安定した昼食をとることができるため、より社員の満足度を高めることができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧