券売機・食券販売機の販売、購入、リース、レンタルを検討中の方におすすめの業者を厳選して徹底比較

券売機を購入したい!見積もりから設置までの流れ

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/26



自社に食堂がある場合など、人件費削減のために券売機の導入を考えているかもしれません。しかし実際、導入するときにはどのような流れで設置できるのかわからないことも少なくありません。

そこで、ここでは券売機の見積りから導入までの流れを見ていきましょう。

どのような機械を導入したいかを決めよう

一般的に主流になっているのが、現金を機械に投入して買いたい商品のボタンを押し発券する方法ではないでしょうか。しかし最近では、さらに進化した便利な券売機が多数販売されているのです。またそれらの機器を取り扱っている業者やサービス内容も多種多様になってきました。

現在注目されているのが、クレジットカードや電子マネーで券を購入することができる券売機です。電子マネーやスマートフォン決済などが流行し、現金を持たないキャッシュレス化が進んできました。

そのため、現金でしか購入できない券売機に不便さを感じる人も多いでしょう。このような事態が起こらないためにも、電子マネーなど様々な決済方法に対応した最新機器がおすすめです。

とにかく安い金額で券売機を購入したい場合には、中古品やリースを行なっている業者を選ぶと良いと言えます。さらに買い替えなどに対応していれば、最新機器を負担なく導入することができるでしょう。

長期間のリースやレンタルを行なっている業者も増えてきています。コストを最小限に抑えたい、常に最新の券売機を導入したいと考えているのであれば、購入ではなくレンタルなどがおすすめです。

このように予算や設置場所、利用する客層などを総合的に見て、どのような機器が適しているのかを判断することがまず重要になってきます。そこから気になる業者をピックアップしていきましょう。

見積もり依頼をして比較検討をする

導入したい機器をある程度絞り、それを取り扱っている業者を探したら、まずは見積もりの依頼をしましょう。多くの業者が無料で見積もりを出してくれます。そこからしっかりと比較検討を行うことが重要です。

業者によっては、多数のメーカーの機器を取り扱っています。そのような業者であれば、気になるメーカー数社を同じところで比較することができるので、手間がかからず便利です。

複数のメーカーを取り扱っている業者であれば、担当スタッフの知識も豊富であると考えられます。初めて券売機の導入を考えている人は、このような業者で相談するのが良いかもしれません。

また実際の券売機を見てみたい、使用感を知りたいという人は、展示会やショールームに足を運ぶことをおすすめします。自社でショールームを持っている業者であれば、いつでも気軽に見に行くことが可能です。

現物を自分の目で確かめれば、導入後のイメージもはっきりと持つことができるでしょう。ボタンの押しやすさ、決済のしやすさ、実際の大きさなどがよくわかります。

券売機を導入することで、売り上げの管理の手間を省くことが可能です。また人手不足やオーダーミスなども減らすことができるでしょう。このようなことも想定しながら、最適な機器を選ぶことが大切です。また導入するにあたって、設置費などの初期費用が必要になります。これらの費用も見積もりで比較しておかなければなりません。

設置後のフォロー体制も重要

券売機を取り扱っている業者は多数存在しています。その業者によって機器の代金や初期費用など、様々な違いがあります。オプションやフォロー内容にも大きな違いが出てくることを知っておきましょう。

どんなに安く購入できても、修理やメンテナンス費用が高額に設定されていれば、損をしてしまうことも考えられるでしょう。そのため契約をする前に、業者にフォロー体制やオプションの内容などをしっかりと確認しておくことが必要になります。

高度な技術が搭載されている機器であっても、何らかの原因で故障してしまうことはあります。また精密機器であるからこそ、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

業者によっては、故障に対する補償やメンテナンス費用が無料なところもあります。購入後の管理に不安を抱いていたり、初めて券売機を導入する人は、十分なフォローをしてくれる業者を選びましょう。

現金を主に使用する券売機では、釣銭の準備が必要です。また売り上げの管理も重要になってきます。券売機を取り扱っている業者では、釣銭準備や表示するメニューの変更、売り上げ管理システムなど様々なオプションサービスを提供しているところもあります。

便利で効率的に利用したいのであれば、必要に応じてこのようなオプションサービスを利用することをおすすめします。利用頻度や目的に合わせて賢く導入することが大切です。

 

このように最近では取り扱っている業者やサービス内容、オプションなどがたくさん出てきました。どの業者もそれぞれに特徴があり、とても魅力的です。目的や予算などに合わせて最適な機器を選んで、事業の効率化や売り上げの向上を目指しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧