券売機・食券販売機の販売、購入、リース、レンタルを検討中の方におすすめの業者を厳選して徹底比較

飲食店で活躍する券売機の便利機能とは

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/29

飲食店を経営者にとって人件費は気になるポイントですよね。券売機を導入すれば、提供するサービスの質は落とさずに人件費を抑えることが可能です。細かい注文が必要な料理を提供する飲食店であれば、カスタマイズメニューを簡単に注文できる機能が付いている券売機もあるので、お客さんも注文をしやすいという魅力があります。

券売機の機能も時代の流れで進化している

一昔前はデザインや機能の面で、券売機を使用するのはラーメン店や立ち食いソバ店など限られたジャンルのお店でした。しかし現在では券売機の機能やデザインが進化しているため、お洒落なお店でも気軽に導入できるようになっています。

一昔前であればボタンが固定されており、券で販売できる商品の量にも限界があったので、ラーメン屋や定食屋などの一部の飲食店以外は導入するのが難しかったといった理由もあります。最新の券売機はいろいろな機能が備わっており、ボタンではなくタッチパネル方式で商品を選べる仕組みに変わってきています。

タッチパネル方式はスマートフォンなどと同じような簡単に操作することができますから、ボタンを押す力も必要がないので、老若男女が簡単に利用できるのが魅力です。ボタンと異なり、タッチパネルの場合には大量の商品からメニューを選ぶことができるので、カスタマイズメニューを用意しているお店でも安心して導入することができます。

カスタマイズメニューはラーメンのトッピングやスイーツのトッピングなどが該当してきますが、今まで口で伝えるのが大変だったのを簡単にすることが可能です。お客さんもタッチパネルを操作してマイペースにトッピングを決められるので安心ですし、店員も券の内容を確認して調理することができるので、ミスをする確率を低くすることができます。

キャッシュレス化に対応する券売機

古い機種の券売機では、食券などを購入する際には現金を用意していないといけませんでした。しかし、機能の進化によりキャッシュレスで決済できる機種も増えています。スマートフォンなどを利用して商品の料金を支払う方も多い世の中になってきていますから、食券などを購入するときに現金を持っていなくても会計を済ませられるのは喜ばれます。

クレジットカードなどに紐付けされているキャッシュレスであれば、外国人観光客の人も簡単に会計を完了させることができます。また外国人観光客の人がメニューを選びやすいように、タッチパネルで日本語以外の言語を簡単に選ぶことができるので、外国語に対応できるスタッフを雇用する必要がないのも魅力的です。

日本でもキャッシュレス化が進んでいますが、海外の中には日本よりもキャッシュレス化が進んでいる国も存在しますから、そのような国から日本に遊びに来た観光客の満足度を上げることもできます。会計が簡単にできれば、それだけでもお客さんの満足度は高くなりますから、自然とリピート客になってくれる確率を上げることができるでしょう。

商品の魅力を効率的に宣伝できる

店舗ごとに、特定の期間やキャンペーンなどで一押しのメニューがあることも多いでしょう。最新の券売機をお店に導入すれば、効率的におすすめメニューを宣伝することが可能です。

タッチパネル方式の新しい券売機であれば動画を流すこともできるので、お客さんがメニューを選んでいるときに画面の一部分を利用して、料理などの宣伝を簡単にすることができます。実際にお客さんがどのメニューにするのかを決めているときに、宣伝の動画を流せば宣伝で紹介したメニューの食券を購入してくれる可能性が高くなりますから、売上の向上も効率的に狙えます。

動画の内容などもお店側が自由に調整することができるので、季節に応じて紹介するメニューをチェンジしていくことも可能です。夏であれば冷たいスイーツなどを紹介すれば、食後のデザートをついでに注文してくれる可能性が高くなります。券売機は売上アップの面でも飲食店の心強い味方になってくれます。

またタッチパネル方式はボタンよりも商品の入れ替えを簡単にすることができるので、新商品を頻繁に誕生させているお店でも、便利に感じる場面が多いでしょう。回数券などを販売することもできるので、回数券をお得な料金で販売することで固定客を獲得することもできます。

最新の券売機は一昔前と異なりさまざまなハイテクな機能を兼ね揃えていますから、飲食店で導入すると便利なだけでなく、お客さんからのお店に対しての印象が良くなる可能性が高いです。

 

飲食店で料理のオーダーを取るには従業員を雇用する必要がありますが、券売機を設置すれば簡単に無人でオーダーから会計までを実現することも可能です。ボタンで食券を購入する昔ながらのスタイルから、タッチパネル方式で食券を簡単に購入できるように進化した券売機は、なぞるように触るだけで注文を完了することができますから、高齢者や子どもで簡単に操作できます。

インバウンド対策として日本語以外の言語をお客さんが自由に選べるような機能もあるので、お店に設置することで外国人の観光客のお客さんにも喜ばれます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧