券売機・食券販売機の販売、購入、リース、レンタルを検討中の方におすすめの業者を厳選して徹底比較

券売機でできる便利な売上管理の方法を一挙ご紹介!

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/04

会社経営をしている場合、売上管理は特に手間が掛かる問題です。人間がやる事である以上必ず間違いが発生する物ですし、確認作業に多くの労力を掛けなければいけません。

ですが、券売機を使えばそういった手間がだいぶ減ります。これは大きいメリットであり使わない手はありません。

券売機のデータをクラウド化しておけば確認作業が楽になる

売上はリアルタイムで変化する物であり、在庫管理や対応作業はそれに合わせて即座に行う必要があります。ですが、人力で行う場合は他の部署に伝えるまでに、どうしてもタイムラグが発生してしまいます。

担当者が席を外している間に状況が動く様な事もあり、戻るまでの間に対応が遅れてしまう様な事も少なくありません。伝票の紛失等により、データの詳細を改めて確認し直さなければならない様な事もあります。不可抗力な部分もありますが、失敗が積み重なれば無駄になる在庫が出てきますし、人的資源や時間、予算も管理の方により多く割かれる事になってしまいます。

ですが、券売機を使い、データをクラウド化しておけばこういった確認の手間が最小限で済みます。券売機同士をネットワーク化して繋げておき、データが一元管理出来るようにしておけば、各店舗に連絡をし担当者の到着を待たなければいけなくなる様な事は無くなります。

遠隔地に出向いており、急な天候の悪化で戻れない様な時でもスマホやタブレットがあれば、リアルタイムでデータを見ながら即仕事が出来ます。 在庫が足りない場合にも、即座に本部に情報が行きますので手動に比べて格段に効率が良いです。

伝票の紛失による計算の不備も券売機を顧客が使った時点でデータが本部に行く様になっていれば、気にする必要はありません。現場の立場で見た場合でも、他の店舗や本部の情報を反映した戦略が立てられるのでメリットが大きいです。業務効率化とコスト削減の上で、券売機を使わない手はありません。

券売機と別システムを連動させれば多くのメリットがある

施設内の入退場者数のデータは、売上管理を考える上で見逃せません。特定の時間に混雑する事が見えるならその時間に多くの資源を投入する事が出来ますし、減っている時間にはフォローの為の計画を立案する必要があります。

そういったデータ収集も券売機と入退場ゲートを連動させれば、人手を割かないで済みます。アミューズメントパークのアトラクション等で、予想よりも多くの来場者が集中する事で酷い混雑が起きる事は珍しくありません。

混乱が起きてしまえば事故や病気で倒れる人が出てくる心配もあります。混雑を見る事で来場者が疲れてしまい、アトラクション全体に悪い印象を持たれるのも長い目で見ると余り良くありません。そういった問題も、リアルタイムでデータが分かっていれば早い段階で入場制限を掛ける等の対策が打ちやすいです。

空いてくる時間の予測も付きやすくなりますのでその情報を随時アナウンスするという手等も色々考えられます。安全管理の上でも、来場者数が一定の範囲内で収まっていた方が大きいメリットがあります。

他にも空席状況が事前に分かっていればある施設が満員の時間に、他の空いている施設の宣伝をする工夫等も可能です。情報が来場者にも分かりやすい様に、施設内のモニターに表示される様な仕組を用意しておく事等も考えてみる価値があります。

プリペイドカードの機能と発券機を連動させる事も出来ますので、リピーターを増やしたい場合の工夫等としても色々な準備が可能になります。自社の現状がタイムラグ無しで即分かって、次の対策が早く打てる様になれば、結果は売上に影響してきます。これは大きいメリットです。

人件費が節約出来る上、衛生管理でもメリットがある

レジに人を置く方式での会計だと、その分だけ人手が必要になります。つまりレジの分だけ人件費が掛かる事になりますし、少人数で回している店舗の場合他の仕事が滞る事になります。ですが、券売機方式にすればその分の人件費が浮きますし、スタッフは他の仕事に注力出来ます。

レジを人間が扱う事で避けられない、つり銭ミスや現金トラブルを避けられる事も大きいです。売上管理を考える上で、最小限の人数で効率良く仕事を回す事は最重要課題になります。少子高齢化が進み、スタッフの必要数の確保が難しくなっていますので、機械化出来る部分はある程度の初期投資を考えてでも早い内に済ませた方が安定します。

他にも、レストラン等の食品衛生関係では特に重要になりますが、素手で現金に触れる度合は最小限で済む様にした方がリスクが減ります。夏場は特に大きい問題になりますが、現金は不特定多数の間を行き来する物です。感染症が流行っている時期には、食中毒に繋がるウイルスや菌が何処かで付着している可能性は決して否定出来ません。経営を考える上では可能な限りのリスク対策を行っていた方が良いです。

その点、券売機にしておけばスタッフが直接現金で触れる必要が無くなります。必要に応じて、発券機のボタンや券を抗菌仕様にする事も出来ますので、衛生管理上大きいメリットが見込めます。売上管理を長期的に見るならば、必ずクリアしておいた方が良いポイントです。

 

少ないスタッフを効率良く回し、人的及び物的資源の無駄を省く上では券売機は重要な役割を持ちます。タイムラグや勘違いが減ればその分だけスタッフにも余裕が出来ますし、経営戦略を立てるのも早まります。

衛生管理の面でも見過ごせないメリットがありますので、売上管理で悩んでいるのでしたら、設定次第で高度な管理も可能になる券売機の導入を考える事をお勧めします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧