券売機・食券販売機の販売、購入、リース、レンタルを検討中の方におすすめの業者を厳選して徹底比較

こんな状況・環境の場合はタッチパネル式券売機がおすすめ!

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/08/05

券売機はお客さんの注文や会計をまとめて取ることができ、飲食店などは業務の効率化に一役かってくれます。

また最近ではタッチパネル式券売機が登場し、さらなる効率化をはかれるようになっています。

タッチパネル式なら画面も見やすく、操作性にも優れているのでお客さんも注文がしやすいのはもちろん、導入するメリットはたくさんあります。

時間や枚数の制限や多言語にも対応

イベントごとがあるときや、あらかじめ1日の材料に限りがあり、販売数に制限をかけたいときの場合もあるでしょう。あるいは個数ではなく販売時間に制限をかけたい時もあるはずです。

たとえば酒類を販売したいときには、午後3時以降からなど時間を区切って販売したい場合に使えるでしょう。さらには、枚数を制限して無料券などサービス枚数を設定したり、綴り枚数を設定することにも対応でき、幅広いサービスを提供することができます。こういった制限もかけることが簡単にできるのでお客さんにとっても分かりやすいですし、それが結果的に制限に達してしまった時のお客さんへの対応もしやすくなります。

さらに最近では外国からのお客さんも増えてきているといった訪日外国人の状況があるので、タッチパネル式なら外国語にもすぐに対応することができます。日本語や英語、中国語などタッチひとつで切り替えができるので同じひとつの画面でも何通りもの言語に対応することができます。

ボタン式だといくつものボタンを用意しなければなりませんし、紙のメニューの場合は複数言語を用意するとかさばってしまいますが、そのような心配もいりません。さらに、文字といっしょに写真を表示することもできるので、目で見てどんな料理なのかが分かりやすく、自分が購入する商品のイメージがあらかじめ分かるのはお客さんにとっても安心できます。

たくさんのメニューに対応できる

色々なメニューが用意されているだけではなく、そのメニューへのオプションとして選択肢をたくさん示して客単価をアップさせたい飲食店の方も多いでしょう。

たとえばラーメン店であれば、メニューだけではなく麺の太さや種類、そしてスープの濃さや油の量などの調節といった選択肢が考えられます。女性もターゲットにしたい場合には、ご飯や麺などの炭水化物の量の調節もできると便利です。そんな場合にも、タッチパネル式であればさまざまな購入方法に対応するのが簡単なので導入しやすいです。

それにお客さんにとっても、あまりに選択肢が多いと単なるボタン式では混乱しやすいものですが、タッチパネル式ではパッと見ただけでまるで表にまとめたような簡潔さがあり、分かりやすく提示することができます。さらに大きな画面なので麺やスープ以外にも、縁にそのほかのサイドメニューや飲み物、さらには大盛りのオプションをお客さんに案内することもできて、追加注文を増やす効果が期待できます。

このように一見選択肢が増えて複雑になってしまうように見えるかもしれませんが、ボタン式のようにお金を入れて発券した後に間違えてしまったら取り消せないというようなわずらわしさがありません。取引内容を過去にさかのぼることができますし、印刷することもできるので、お客さんとのトラブルを回避することにつながります。

時間帯シフトで自動表示も可能に

最近では、夜のみの営業だったのに加えてランチ時間帯も新たに営業を始めたり、あるいは朝と昼、夜とそれぞれ違う業種で営業をするというような業態をとるお店も増えてきています。そんなときにもタッチパネル式であれば時間ごとにシフト制で画面を自動で変更させることができるので、わざわざ時間ごとに営業者側が調整して、画面を変更させるといった手間もかかりません。

たとえばランチ時間帯とディナー時間帯とでメニューを変えたり、同じメニューであっても価格を変更したり、夜のみアルコール類を飲料に追加したりとそれぞれのお店に応じて画面を構成していくことができます。

タッチパネル式だと、メニューをいくつもファイルで読み込ませて保存しておくことができるので、変更するときにも操作が簡単なのが特徴です。そして毎日の管理方法も、釣銭を補充したら電源をオンにし、回収して集計、さいごに電源をオフにするというこれだけの流れなので、とても管理しやすいのが分かります。

こういった機械類は苦手だという意識がある人もいるかもしれませんが、たとえば一日の最後の集計作業のときにエラーが出てしまったとしても、そもそも機械のほうで対処方法を表示してくれます。なので、あとはその誘導に従って操作をしていけば機械類が苦手な方でも簡単にエラーから復帰することができるので、とても管理操作がラクです。

券売機の導入や、券売機の買い替えを考えているのであれば、タッチパネル式にどれだけのメリットがあるのかは一目瞭然です。管理側にとっても、お客さんにも分かりやすく使いやすい券売機なので、誰にとっても使いやすいのが利点です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧