券売機・食券販売機の販売、購入、リース、レンタルを検討中の方におすすめの業者を厳選して徹底比較

ユニバーサルデザインにこだわった人に優しい券売機とは?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/27

券売機は誰にでも使いやすいものである必要がありますが、使いやすさにこだわった券売機としてユニバーサルデザインを採用したものがあります。ここでは、そのようなユニバーサルデザインを採用した券売機について詳しく紹介していきます。

日本語がわからない外国人にも使いやすい機能

ユニバーサルデザインを採用した券売機は誰にでも使いやすいことが特徴ですが、これは機械の持っているさまざまな機能が、ユニバーサルデザインに基づいて設計されているからです。ユニバーサルデザインとは人間の持つさまざまな個性に着目して、どのような人でも簡単に使用できるように工夫されたデザインのことです。

そのためにこのデザインが採用されている券売機には、通常の販売機とは異なる細かい工夫が多くされています。例えば券売機は、日本人だけでなく日本に旅行に来た外国人も利用する場合があります。日本に長期滞在している外国人もいて、日本語に不慣れな人も多いですが、そうした人も機械を利用する場合があります。

もし販売機が日本語しか表示できないとしたら、こうした人たちは日本語が読めないことから、必要な券を購入できないことになります。ですがユニバーサルデザインを採用しているものならば、日本語がわからない人でも券を購入できるように、複数の言語に対応しているものもあります。

こうした機能を搭載することのメリットは、日本語がわからない人でも、自分の母国語や理解できる言葉の表示に切り替えることで、簡単に必要な券が購入できるようになることです。

英語など世界中で話されている言語に切り替えることができる販売機ならば、より多くの人が使用しやすくなり、切り替えることができる言語が多いほど、さらに使いやすくなります。

誰にでも使いやすい機械の高さの調整

ユニバーサルデザインを採用している券売機の特徴は、高さにも配慮がされていることです。通常の機械の場合には、成人の男女を想定して造られているために、全体のデザインも成人が立った状態で使用することを前提として配置されています。

券売機を使用するのは成人の男女だけとは限らず、小さな子供が使用する場合があります。このような場合には、成人を想定してデザインされた販売機だと、ボタンを押す場所やディスプレイの位置が高すぎて、子供がうまく操作できない場合があります。

しかし、ユニバーサルデザインが採用されている券売機ならば、こうした背の低い子供が使用することも考慮しているので、背の低い成人にも使いやすくなっています。子供の身長でも見やすい位置にディスプレイやボタンを配置することで、誰にでも簡単に券が購入できるようになっています。

こうした高さへの配慮は、子供だけでなく、障害を持っている人が機械を利用する場合にも非常に役立ちます。車椅子を利用して移動している人なども、券売機を利用する場合がありますが、こうした場合に通常の機械だと、車椅子を利用する人の手が届かない場合があります。

ですが、さまざまな人に配慮して、使いやすい高さにデザインされている券売機ならば、車椅子を利用している人でも無理をすることなく、簡単に券を購入できます。障害を持っている人にも優しい機械です。

機械に採用されているさまざまな使いやすい工夫

ユニバーサルデザインを採用して作られた券売機は、使用する人がより快適に機械を使用できるように、よりさまざまな工夫がされています。機械を利用して券を購入する場合には、しなければいけない操作が多いと複雑になり、券を購入しづらくなりますが、できるだけ操作を簡単にすることで、券が素早く購入しやすくなります。

そのために重要になるのが、操作の手順が誰にでも簡単にわかりやすいということです。どのような順番で機械を利用すればよいのかが簡単にわかるようになっていれば、誰にでもスムーズに券を購入することができます。そのためにユニバーサルデザインを採用した券売機では、機械の操作の方法が説明してもらえる機能を搭載しているものもあります。

また、機械自体にもわかりやすい文字や図柄で、操作の仕方が説明されているものもあり、子供から大人まで感覚的に機械を操作できるようになっています。券売機を利用する場合には、購入する券の種類に応じて、硬貨や紙幣を投入する必要がありますが、こうした部分にもユニバーサルデザインの機械は工夫がされています。

硬貨を入れやすいように、通常のものよりも広めに投入口が設計されているものもあり、機械の操作に不慣れな人でも、硬貨をこぼさないで投入しやすくなっているのが特徴です。紙幣を投入する部分も使いやすいように工夫されているものもあり、硬貨を持っていないときでも、簡単に券を購入できるようになっています。

 

ユニバーサルデザインを採用した券売機はさまざまな工夫がされているので、誰にでも使いやすいのが特徴です。こうした種類の機械がより多く設置されるようになれば、それだけ社会が暮らしやすいようになるので、さらなる機械の普及が待ち望まれています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧